こんにちは
工務の奥井です

本日は建具の調整方法をご紹介したいと思います

建具は開閉を繰り返していると、建具が下がってきて建付けが悪くなります。

そんな時に建具調整が必要となってきます。

ハウスドゥ出雲店ではLIXILの建具を使用しておりますので、LIXIL建具の調整方法をご案内します


開き戸の調整方法





引き戸の調整方法



クローゼット戸の調整方法



建付けが悪くなってきたかなと思われたら、一度建具調整をお試しください

皆さんこんにちは。
工務担当の山下です。

2月8日より、初めて新築現場を担当する事になりました。
先輩方の指導を受けながら、日々奮闘しております

6月の完工を目指して、皆さんに進捗状況をお伝えして
いきますので、よろしくお願いします

着工し、地盤調査を実施した結果、住宅を建てる為の強度が足りず
地盤を強くする為、改良工事を行いました。


地盤改良工事①(工事中)
・地盤が弱い場所に今回は、硬質地盤まで穴を掘り採石を入れ
 規定の規定の圧力掛けて強くする『採石パイル ハイスピード工法』を
 採用し改良をしました

地盤改良工事中①

地盤改良工事②(工事完了後)
・地盤が弱かった部分を全て補強しました

地盤改良後①

 
これより、いよいよ住宅建屋本体の基礎工事に入っていきます
基礎工事は、建物と地面のつなぎ目となる基礎(土台)を作る工事で
建物の丈夫さ左右する重要な工事になります。

次回、その基礎工事についての進捗をご紹介します

それでは、失礼します。











あけましておめでとうございます

現場監督の奥井です。

本日、雨と雪の降る中、『知井宮建売3号地・2号地』の【縄張り】を行ってきました

【縄張り】ってなんだろう

と思われるお客様も多くいらっしゃいますのでご説明します

【縄張り】とは敷地のどの位置に家が建つのかを縄(今だとロープです。)で

の形を地面に張っていく作業です。

IMG_0648

凝視しないと見えない白い線のやつです。

この縄張りを配置基準として地盤の強さを調べ、必要であれば地盤改良工事を行います。

その後、基礎工事という流れです。

ですので、縄張りは一番最初の工事工程ということになります。

ちょうどよいタイミングで工事が始まりましたので、今後も各工程をお伝えしていければと思っております

それでは失礼します

↑このページのトップヘ